金融業界において、転職をするのが難しいかがあります。経験があるかどうかによって違いがあります。
キャリアを活かせ!金融業界の転職ガイド

金融業界において転職は難しいか

銀行、特に都市銀行といいますと、大学生などには人気ということになります。その一つにはお給料ということがあると思います。一般的な会社に比べれば高く設定されているでしょう。また、安定性ということがあります。都市銀行間で合併などが行われていますが、なくなってしまうということは少ないでしょう。他の大手会社との関連もありますから、将来的にも安心することができるということがあります。公務員が良いという人の場合、その次に銀行などを志望するということになるのかもしれません。大卒からの場合、未経験でも全く問題ありません。多くの人がほとんど知識なく入社します。その後にしっかり教育を受けて、仕事をしていくということになります。

金融業界において転職をするというとき、まず未経験者において可能かということがあります。この点においては、新卒と同じレベルということであれば可能ということです。現在は第二新卒という分類があります。最初に就職したところでは自分のしたいことが出来ないということであれば、こちらに仕事を求めることが出来ます。経験などが問われないということがあります。ただし、年齢が上がってから未経験というのは難しいこともあるということです。他のメーカーなどで営業をしていたというだけではアピールに足りないこともあるということです。業務に関係のある資格などを取得しているとある程度は可能性もでてくると思います。会計系の資格も役立つでしょう。

経験者という場合はどうかです。この場合は、経験内容にもよりますが歓迎されることが多いということです。安定している業界とはいえ、厳しい業界としても知られています。ですから、良い人材ということであれば、それなりの評価をしてもらえるということがあります。前職において一定の実績を残しているということであれば、キャリアップを狙うことも可能です。外資系ということであれば、語学力が求められることがあります。

ピックアップ